保険は絶対に人任せにするな!!

世の中でゴキブリの次に嫌われているのは保険ではなかろうか。でも人はゴキブリにお金はあげないが保険には死ぬほどつぎこむのだ。状況を打破できるのは他でもない、アナタ自信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィギュアスケートの四大陸選手権、シングル男子と女子が終了しましたね。

男子は絶対王者のチャンがいない分、高橋と羽生の一騎打ちかと思っていた。
そこに無良ががんばってあわよくば表彰台独占なんかもと。

しかし結果は…
羽生はフリーが崩れてしまい、そして高橋は自身が言うようにジャンプはさんざんで、結果も7位と惨憺たるもの。

うってかわって女子はというと、
表彰台独占!!
浅田は回転不足もFSでも3Aを入れ、3F-3Loもいれた。そしてスピンは全て4をとっている。そして200点越え。彼女の性格からして、この数年間はどれほどの我慢だっただろうかと思うと、本当によくやったと感動しました。
鈴木と村上も、とてもスピード感のある滑りと各々の持ち味を出せた見ていて楽しいスケートだった。


男子の結果を見て憔悴しきっていたところに、女子のこの嬉しい結果。
でも思い返してみると、表向きの結果はどうでもよくて、
どの日本人選手にとってもとても意味のある四大陸になったのではないかと思う。

羽生はフリーの問題点を再度意識し、新風によって慢心を避けられ、そして更に飛躍できるだろうから。
高橋はプログラムの入替という経験をし、フリーで崩れたメンタルの理由を己で反芻し、OPの道を立て直せる。
無良は初世界フィギュア代表としてのプレッシャーと、今大会でわかった課題を良い方向に変えれるはずだ。
浅田は3Aを入れてモチベーションを明確に取戻し、コンビのセカンドジャンプの弱さを再度練習できる。
鈴木は全日本で屈辱を経験し、この大会で自信を取戻し、彼女らしさを十分に再確認できただろう。
村上は何よりも素直さを武器にして、この大会での成功をより自分の自信とすることができただろう。

これはあくまで私の個人的な見方だが、是非とも次回の世界フィギュアでは大・大・大活躍を期待する。
特に最高級の高橋劇場を目にしたい。
特にキムヨナを特異な技術で蹴散らす浅田を目にしたい。


四大陸、本当にお疲れ様でした。
そして、感動をありがとう。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://quitejosh.blog40.fc2.com/tb.php/54-b80c3d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。