保険は絶対に人任せにするな!!

世の中でゴキブリの次に嫌われているのは保険ではなかろうか。でも人はゴキブリにお金はあげないが保険には死ぬほどつぎこむのだ。状況を打破できるのは他でもない、アナタ自信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オモシロイ⇒3/20までの期間限定

昨日は基本確認事項を書きましたが、
今日は応用です。


「こんなFPに保険は任せられません」がテーマです。

無料保険相談が前提でFPに相談するのですが、
本来FPとは、様々な家計のリスクをとって、その過程で保険を有効に使うという職業です。

なので、まっとうなFPであれば、まずは家族構成や住居関連、将来等を聞いてくるはずです。
そう考えると、以下のようなFPであれば今後相談するには心もとないということになります。


①家族構成や資産状況、勤務状況などの基本的事項を聞き取らない。

②ライフプランシュミレーションソフトを使わない。

※FP名人等の有名なものや、各FPが作ったもの、保険会社独自のもの等があります。

③現在の居住形態と、将来の希望居住形態を聞き取らない。

④老後のことをいっさい言わない。

⑤すぐに保険を勧めてくる。



もっと書かなければいけませんが、
今回はあくまで保険を勉強するためにFPに教えてもらうことが前提なので、
これくらいをおさえておけばいいと思います。


ちなみに、
初回の相談なのにあれこれ聞かれるのはイヤな方もいるでしょう。
そんな方は、もしフィーリングが会うFPなのであれば、
次回も会う約束をしたらいいでしょう。

あくまで無料保険相談はお金をもらうためではありません。
あなたがあなたに必要な保険をさがすためです。


だから、色んなFPに相談するのがいいのではないでしょうか。


にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
オモシロイ⇒期間限定だそうです。

昨日の記事を実行する場合に、
注意しておかなければならない点がいくつかあるので列記いたします。

今回は基本の確認事項


①資格を持っているFPかどうかを確かめよう。

無料FP相談に申し込んでも、誰がくるかはわかりません。
各サイトにも、実際のFPを紹介しているところは少ないです。

なので、FPにもらった名刺を確認して下さい。
前回記事でFPの種類を書きましたが、そちらを参考下さい。

CFP、AFP、1級FP技能士、2級FP技能士のいずれかが書いてあればまずはOK。
書いてなかったら??? あなた本当にFPですか?って聞いちゃって下さい。
名刺に書いていない方も多々いらっしゃるので。
もちろん本当に書けない方もいらっしゃるので。


②保険代理店はどこかを確かめよう。

来るのは独立系FPと呼ばれる人たちです。
しかし、各サイトは保険見直しを前提としていますので、
各FPはだいたいが数十社を扱う総合代理店と提携しています。

あるいは、FP自身が保険代理店を経営しています。

ですので、保険代理店がどこかがわかれば、どんな保険会社を選べるのかもわかります。
ちなみに名刺の裏に取扱保険会社が書いてある場合もありますね。


③FPの経歴を確かめよう。

初対面なのに自分を紹介しないですぐに本題に入る人は失礼です。
なので、もし自分を紹介しないFPであれば、経歴を聞いて下さい。

FP歴はどれくらいなのか、今までどんなお客様を担当してきたのか、などなど。
アナタの興味があることを聞いてみるといいと思います。


基本はこんなところでしょうか。

その次に保険相談に入っていきます。
事前に申し込んだ保険相談内容をもとに話がすすむと思います。
FPも素晴らしい知識を持っている場合も多いので、
この際しっかり勉強してみて下さい。

今までの記事にも書きましたが、
この無料FP相談をする方は、
もう自分の必要保障額等がわかっているはずです。

なので、FPがさしたる根拠もなく、
いきなりプランを提示してきたりしたら、
時間を割く必要のないFPだと思っていいと思います。

失礼のないように去ってくれば、お小遣いはもらえます。


次はつっこんだ注意点を。


にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日は「100%後悔しないFP相談」具体的な方法をご説明いたします。


まずはASというものに参加してください。
今回はA8.netをご紹介。

別に怪しかないし、登録も無料。
今後もアナタを大いに助けてくれるであろう可能性も秘めていますので、
安心して登録ください。

↓こちら
エーハチネット



無事登録がすんだら、
セルフバックをクリック。

そしたら、
お申込セルフバックをクリック。

んで、
保険をクリック。


さあ、うじゃうじゃ出てきたでしょう??
そこからお好きなところを選んでください。


ちなみに新規面談完了でお小遣いが発生する仕組みです。
せっかくですから、ちゃんと保険の勉強しましょうね。

次は実際に使った時の注意点を。



にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
先日までFPについていろいろお話しました。

じゃあ、「100%後悔しないFP相談」ってなんなの?というと、

ご存じの方も多いとは思いますが、


はい、そのとおり。

無料で相談するということです。

そして、そして、

相談した後にお小遣いまでいただいちゃおうということです。


日々のお仕事や家事で忙しい中で、数時間FPとの相談のために時間をさくのだから、

日当くらいもらわなきゃって感じでいいと思います。

そうすれば悪質なFPに当たったとしても後悔はしないでしょう。


例えばゴリゴリの金時計成金FPと、我慢して2時間お話したとします。

あとから¥9,000もらえました。

あら、時給¥4,500のバイト!?って感じですね。


でも、中にはあなたの立場にたって、とてもしんみに考えてくれるFPもいます。

なので、無料ツールを使う私たちも、最低限のマナーと尊重が必要だとは思います。

あくまで無料で保険を勉強したいです、というスタンスですね。


次に具体的な利用方法や注意点等を具体的に書きますが、

わかっている方はどんどんすっ飛ばしてください。


にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
最近よく為替で益を出したり、株で小金を設けた話を耳にしますね。

みなさんとてもホクホクしたお顔をしてらっしゃいます。


こんな時に保険会社はどんな保険商品を勧めてくると思いますか?
ズバリ変額保険です。

別に加入してもいいですが、
長期的な価値の変化が回避できるわけではないので、
じっくり検討することをおすすめします。


私は浮足立たず、自分の足場はしっかりと固めた上で、
投資あるいは新しいことをして欲しいと思います。


にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ファイナンシャルプランナーという職種が世の中に溢れていることは先日書きました。

昔は保険に入る時は保険屋さんから入ることが常識でした。
しかしインターネットで誰でも情報を多く仕入れられるようになった今、
その常識は崩れ、選ぶということが可能になったのです。

しかし、形あるものを気にいって買うという至極簡単な買い物とは違って、
形のない保険は選べる時代がきたからといって、選んだ保険が果たして自分に合っているのかと、
きっと不安になるんですね。


だから誰かに頼って加入することによって、失敗した時に誰かのせいにしたい。
そんな保険に保険をかけて加入しているような状況ですね。


今保険業界をとりまく環境はものすごいスピードで変化しています。
私は思います。

選べるという時代に入った今、私たちは甘えたことを言ってないで、
人のせいにしないで、
形あるものと同じように、
最後まで自分の責任で保険に加入しなくてはいけないと考える
のです。

その時に私たちは勉強しなくてはいけない。
だって、好きなものを買うなら調べたり比較したりするのはとても楽しくて自然な行為だけれど、
保険を大好きっていう人は極少数であろうから、ある程度の苦しい努力(勉強)は必要なのです。

そんな時にファイナンシャルプランナーという存在はとても役に立ちます。
しかし、「顧客の利益を最優先することにより顧客より報酬を得る者」である彼らも、
利益追求をする保険会社とタッグを組んでしまっては、逆の利益を最優先することになりかねません。

だからこそ、まだ手数料開示が義務でない現在、
「中立」をさかんに叫ぶところですぐに決めてしまうよりは、先に勉強する。

そのツールとして、まずは無料でファイナンシャルプランナーに相談してみるところから始める。
彼らが良質、あるいは悪質な参考書としてきっとあなたの保険学習の一助になることは間違いないですから。


にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


バレンタインデーに配慮のない投稿を申し訳ありませんでした。
はい、反省終わり。

今日はファイナンシャルプランナーの種類です。

国家資格
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
3級ファイナンシャル・プランニング技能士

民間資格
CFP
AFP

銀行系
FA(ファイナンシャルアドバイザー)
AFA(アシスタントファイナンシャルアドバイザー)

生保系
TLC(トータルライフコンサルタント)

その他
無資格者(経験者)
無資格者(未経験者)!?

はい、単にFPと言ってもこんなに種類がございます。
国家資格と民間資格までがいわゆるファイナンシャルプランナー。

しかしその資格がなくても、銀行系や生保系、はたまたなんも持っていない人が
ファイナンシャルプランナーを名乗って仕事をしても法律的になんら問題なしなんです。

え~、じゃあどの人に相談したらいいのって思いますよね。
もしハズレを引いちゃったらとか。

でもですね、上位資格を持っていても手数料の高い保険会社商品をすすめる場合もあるし、
資格がなくてもとても良心的にいろんな組み合わせを考えてくれる場合もあります


大事なことは、
ファイナンシャル・プランナーは「顧客の利益を最優先することにより顧客より報酬を得る者」であり、特定の会社の金融商品のみを顧客に紹介してはならない。顧客に適した商品でなく自分が手にする手数料の高い商品をすすめる者もいるが、この行為はFPの倫理規定に違反することである。(ウィキペディア抜粋)

はい、で、万が一どうしようもないFPに当たっても100%後悔しないとってもいい方法があります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


さあ、必要保障額についてある程度確認できましたね。
いよいよ具体的な保険商品を比べだしていることでしょう。

しかし、ここで問題になってくるのは保険探しの迷路に迷い込んでしまうことです。
ネットで調べまくっていると保険に対しての情報は過多にも過多で、はてさてどれを選べばいいの?となります。

しかしそれはアナタの妥協を許さない心の現れです。
絶対適当に決めてはなるものかと。
その調子です!!

そこで登場するのがあるツール。

そう、ファイナンシャルプランナー利用です。
いわゆるFPです。

father-31.jpg

FPって聞くとスゴイって思う人も多いと思います。
はい、FPはスゴくありません。
ただお金が好きなだけです。
損をしたくないだけです。
人のためではなく、自分のためにがモットーです。

言い過ぎたかな。
もちろん立派な方もたくさんいらっしゃるでしょう。
でも、この世に自分の利益を優先しない人間が果たしているのでしょうか。
自分の家族よりもお客様を一番に考えられる人間がいるでしょうか。

否です。

だから利用するのです。
言葉は悪いですが、あちらもアナタを利用するのだからこちらも利用すればいいんです。

ちょっと愛がなさすぎましたね。
でも、今はFPを一つのツールとして考えて下さい。

じゃあ次はFPツールの種類について。


にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ブログ村1位


びっくりしました~。

ブログ村にログインしてみると、11日から保険部門で1位をいただいていました!!

訪問していただける皆様、ありがとうございます。

めっちゃ難しい情報ばかりや、選ぶ側にやさしくない書き方をしないように
これからも色々考えて一助になる情報を提供していけたらと、気持ちを新たにできました。

でも、フィギュアスケートシーズンはちょっと記事が偏っちゃうのでご勘弁を。


にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


独身の男性も、独身女性と一緒で様々です。

新社会人、遊び人、女にはこりごりの独身謳歌タイプ
離婚したけれどお子様を引き取った方、あるいは扶養家族がいる方等の扶養義務タイプ
そして、ゲイタイプもありますね。

これでわかるとおり、独身女性と一緒で必要保障額はまったく異なってきます。

だって、結婚を控えているなら家族ができることを考えなければいけません
だって、扶養義務があるなら家族に遺すことを考えなければいけません
だって、ゲイならその先の生き方で必要なものが違ってくるでしょう

若い独身男性や危険なスポーツをしている方はケガに手厚い必要保障があるでしょう。

とにかく大事なのは、この時点で適当に誰かの言うがままに保険加入しないことです。
いらない保障にお金を使うよりは、その分を貯蓄や投資にまわすほうがよっぽどいいにきまっています


にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。